警察官に執筆料1億円超 最高額は1500万円 昇任試験問題集の出版社 18警察の467人 副業禁止に抵触も

~モラルなしの世の中、性悪説で考えるしかないのか。医・教・警。 西日本新聞の勇気に希望。なぜTVは報道しない? 警察庁と17道府県警の警察官が、昇任試験の対策問題集を出版する民間企業の依頼を受け、問題や解答を執筆して現金を受け取っていたことが…

衰えない肉体、寿命150歳 遠のく「死」問われる「生」

~「不老長寿」は、果たして幸せなのか? 老化を防ぐ研究が着実に進んでいる。 米ワシントン大学の今井真一郎教授らが老化を抑える働きを突き止めた長寿遺伝子。これがつくる酵素がカギを握る。誰にでもある酵素だが加齢で次第に機能しなくなり、老化すると…

「初詣」。後ろの若造に「長え~し」と言われ、考えたこと。「父の急病」「初詣の雑言」「終わり方」「息子・娘」

~新しい年を迎えて 大わらわの年末。仕事を終え、開放感に浸りながらごろごろしていた時。携帯に一通のメールを見た。そこには「父、腰から足に強い痛み、救急車で病院へ」とあった。その時は当然のように酒を飲んでいて、父の住む札幌には、今からでは1時…

「いじめが自殺の主原因」広島・中3転落死で最終報告書

~何の権限もないなかで責任をとらされる無力感。時の流れるままにしかできない。 広島市佐伯区の市立中学校で昨年7月、3年生の女子生徒が校舎から転落死した問題で、市教委が設置した第三者組織「市いじめ防止対策推進審議会」(会長=林孝・広島大大学院…

韓国レーダー照射問題。国交を断絶、韓国国内の日本企業の全面撤退!どちらが困るか?

~〈けんか〉は結局、どちらが屈服するか、距離を置くかしか解決の道はない。これからの「利」と存在していくための「理」 韓国野党「正しい未来党」の河泰慶(ハ・テギョン)議員が、最近、韓日の間で論争となっている「日本海上自衛隊哨戒機レーダー照準」…

中1自殺、両親が市提訴=「いじめに措置講じず」―福島・須賀川

~片側からの事実は真実ならず。けれどもう片側からの事実を加えても「真実」ならず。 福島県須賀川市の中学1年の男子生徒=当時(13)=が2017年1月に自殺した問題で、生徒の両親が27日までに、市と教員2人に計約7600万円の損害賠償を求める…

日産「ゴーン追放クーデター」に見る日産の未来と正義という偽善。

~悲しいかな。ゴーン追放クーデター後の日産の未来! まさかの、そしてドラマ「ハゲタカ」もびっくりの「ゴーン追放」クーデター。 これは、誰が見ても「クーデター」である。そして、この「クーデター」を成し遂げた西川廣人社長兼CEOサイドに高揚感がうか…

中高年の47%が「会社の飲み会」が嫌い。嘘をついて断ることも。

~飲み会に行かなくなった理由。それは・・・。 飲み会は好きか嫌いか?」と尋ねたところ、中高年世代の47%が「嫌い」「どちらかというと嫌い」と、否定的な態度を見せているのだ。一方、若手世代に同じ質問を投げたところ、飲み会否定派は35%にとどまった…

高1男子が自殺…父親「担任教諭から罵声」

~そんなことで死ななければならないのか?結果に対する原因は? 宮城県工業高校1年の男子生徒(15)が8月、仙台市内の自宅で自殺していたことが31日、わかった。男子生徒の父親(44)が同日、記者会見して明らかにした。父親ら遺族は「担任教諭の過…

松山千春「写真」を通勤前に聞きながら。「昭和の天才」の声に、あのときの想いを重ねて。

~人は、結局、自分の青春時代の曲に「癒し」を求めるのか。 色々な歌手・曲に出会いながら、年を重ね、結局、自分の青春時代の曲に、自然と回帰するものなのか、と最近実感する。この頃は、松山千春、玉置浩二を、短いスパンで交互に聞きながら、職場に向か…

不適切な人を採用。組織の信用を落とすだけ。「政治家」「自衛隊」

「人材難」から生まれる「誰でもいい」採用の罠! 週刊誌「全裸」報道で謝罪=宮腰沖北相、元自衛官、刃物両手ジグザグ突進! 〈記事1〉 宮腰光寛沖縄・北方担当相は30日の閣議後の記者会見で、東京・赤坂の衆院議員宿舎で「全裸で他人の部屋のインターホ…

「突然学校から飛び出す」、「レイプされた」とうそぶく、あのリスカ2人組。極めつけは・・・。

~「ああ無情?」。負の三重奏。権限無き学校現場の負のスパイラル。 まず、リスカ二人組。一人は子だくさんで狭い家にぎゅうぎゅうの家庭。「小学生の頃は全く手がかからなかった」子だという。最近、嫌な授業は出ない、トイレにこもる、カッターを持ち込み…

生きてきた証~2年間のつぶやき11

~~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(11) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈心…

生きてきた証~2年間のつぶやき10

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(10) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈心配…

生きてきた証~2年間のつぶやき9

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(7) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈愛する…

生きてきた証~2年間のつぶやき8

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(7) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈乃南ア…

生きてきた証~2年間のつぶやき7

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(7) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈巨人の…

生きてきた証~2年間のつぶやき6

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(6) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈苦悩の…

生きてきた証~2年間のつぶやき5

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(5) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈「ゼロ…

生きてきた証~2年間のつぶやき4

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた(4) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈ペアレ…

生きてきた証~2年間のつぶやき3

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた。(3) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈『凍…

生きてきた証~2年間のつぶやき2

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた。(2) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈前任…

生きてきた証。2年間のつぶやき。

~子育て・悩み・生き方~2年間の証をまとめてみた。(1) 子供が生まれ、大きくなり、親の心配を乗り越え、中学・高校と無事終わりを告げようとしている。その2年間の足跡を、色々なところでつぶやいてきた。生きてきた証として、記してみたい。 〈運命…

北海道の教員採用試験、小学校で「初の1倍台」。どうなる学校現場。医大だけではない!「不公平採用」

~ブラのひもの跡掻きながらの女性教師。そんな人を救う「特別受験制度」は公平か? 今日の職員会議のこと。本校には臨時採用で教える教員が2名(うち音楽1、体育(特別支援1))がいる。会議の最後に、校長がこの2名の結果に触れる。1名の音楽教師に対…

北海道の紅葉のはじまりを。札幌「滝野すずらん公園」にて。

~身近すぎて気付かない「宝石」。紅葉に出会いに。 13日(土)紅葉を見にどこかに行きたいという妻と、札幌の「滝野すずらん公園」に出向く。滝野すずらん公園は、子供が小さい頃、遊具を目的に行った以来か。幼少のころから身近な存在すぎて、意外に軽ん…

「農業アイドル大本萌景さん 」の死、背景にパワハラと遺族が所属事務所を提訴へ

~16歳の自死。その原因は、果たして所属事務所だけなのか? 愛媛県で「農業アイドル」として活動していたグループ「愛の葉Girls」の大本萌景(おおもと・ほのか)さん。16歳だった2018年3月21日、死を選んだ。 景さんは2015年、愛媛県を拠点とし、農業の…

公立中学校でいじめ 自殺未遂3回繰り返す 埼玉

~そこまでしてなぜ登校を続けるのだろう? 埼玉県川口市の公立中学校に通う3年生の男子生徒(14)が平成28年4月の入学直後から同級生らにいじめを受け、3回にわたって自殺を図っていたことが9日、市教育委員会への取材で分かった。生徒は現在、登校…

財政破綻から10年 。再出発、挑戦あるのみ。 ~北海道夕張市~ 市長「鈴木直道」にみる日本の未来

~一言「感動」。東京の一青年の見た「夢」が夕張に「希望」を生んだ。 たまたまTVを見ていて、少しく縁ある「夕張」の特集だった。もう少しで「再生団体 」の重しがとれ、同時に、負債を自分で返さなければならない岐路に立つ夕張。それでも、この町は(あ…

今年2度目の登山。絶景の室蘭岳!

すべてが思った以上の室蘭岳。震度5というおまけもついたが。 胆振東部地震前、計画していた旭岳登山。当然中止。その後、台風やらなんやらあり、今年はまだ1度しか登山していない。2度目の登山は、妻と、いつもと趣が違う場所もいいね、と話していたが、…

9月の最後。苫小牧の「ミール」記念館に行ってみた。

~地震から3週間。苫小牧のミール記念館に行ってみた。 以前から行きたいと思っていた「ミール博物館」を見に、妻と苫小牧に赴いた。まあ、10月にある「玉置浩二コンサート」の下見、かねがねだったが。昨年、娘が高校受験のおり、「夢ある将来に」という…