北海道夕張市に行ってみた。心休まる風景の数々

~北海道は久々の28度。気分は自然と外へ。財政再建の市「夕張」へ。

 夕張市。日本で初めて「財政再建団体」になった市。日本の経済の急降下の中、ある意味「見せしめ」的に行われた施策。天文学的な借金の返済のなか、住民サービスは日本一削られ、疲弊していった街。十数年前、何かできることはないかと、「宿泊学習」で生徒200人を連れ、現地に赴き(なんでそんなところに、と猛反対されたが)、市民会館の清掃や街のごみ拾い(人がいないので、ごみは全くなかった)、シャッター街の商店街に赴き、生徒たちが住民との会話を楽しむ(学ぶ)、そんな企画をして以来、疲れると、たまあに夕張に行く。今回は、そんな夕張の「穴場」を紹介したい。

 久々に夏日よりで、疲れも抜けず、なんだか滝を見たくなった。「滝の上公園」というところをネットで見つけたので行ってみた。

 f:id:hunen:20180701130831j:plain

国道のすぐ横にあるのだが、意外と閑静で手入れも行き届き、気持ちがいい。のんびり進むと、

f:id:hunen:20180701131656j:plain

f:id:hunen:20180701131351j:plain

つり橋が見えてくる。つり橋はワイヤーで補強され安全だが、両端に大きな「すきまがある」ので、幼児連れは、目が離せないというか、おすすめできない。

f:id:hunen:20180701131537j:plain

だが、そこから見える滝はなかなかで、心が安らぎ、しばし見とれた。

f:id:hunen:20180701131757j:plain

 そのあと、すぐ横にある、農協の建物があったので面白そうで寄ってみた。 

 

f:id:hunen:20180701132218j:plain

 中身は、残念ながら大したことなかった。そのあと、夕張ダムを見に行ったが、落石の恐れありとかで、通行止め。仕方なく、Uターンし、南清水沢に行ってみる。昔と違い、小さなホーマックAコープなどもでき、そこそこにぎわっている。新聞によると、人口もここだけは359人から398人へと増加している。「いじめられっ子」夕張に一筋の光が差しているよう。明るい街並みも印象的だった。そこで、見た「夕張ながらのアイス」を見つけ、食べてみた。メロン一切れ500円が相場の中、メロン半分を使い、アイス大盛りで1000円。奮発して食べてみた。一言「美味!!!!」。

f:id:hunen:20180701133337j:plain

実物はこんな感じ。周囲にいた5~6グループ、みんなこれを食べていた。

f:id:hunen:20180701133431j:plain

 使っているのも「夕張メロン」。これだけで、今の夕張メロン3000円くらいするのだから「お得」。また、夕張唯一の豪華ホテル、マウントレースイでは、ホテルが「生メロンパン」を作って販売している。普通のメロンパンに、夕張メロンのカスタードや生クリームの入っているもの、色々ある。本当においしかった。ぜひ一度、北海道に来たら訪れてほしいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


801文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真を投稿